BABYMETAL まとめ HISTORY 2012年後半

スポンサー





 

 

※2012年前半はこちら

 

8月1日~31日

Music japan TV 「お願い! フォルテッシモ!」 コメント出演(8月中リピート放送)

 

8月1日

De★view 9月号 インタビュー記事掲載

 

8月2日

B.L.T.PLUS Vol.3 インタビュー記事掲載

https://twitter.com/YO_sann/status/217920644237639680

 

8月2日

CDでーたアプリMAG インタビュー記事掲載

 

8月3日

テレビ高知「music Moove」 BABYMETALのコメントがオンエアー

 

8月3日

アスマートに BABYMETAL SHOP オープン

 

8月4日

TOKYO IDOL FESTIVAL 2012 ※DOLL FACTORY:Rock’n on IDOL SHOWで16時10分~

※ドキドキ☆モーニング+いいね!(メドレー)、ヘドバンギャー!!披露

※BABYMETALのライブシーンなし

 

8月6日

「アイドル・ソング・クロニカル 2002-2012」  掲載

 

8月10日

雑誌「MAQUEE」Vol.92 「We’re BABYMETAL」連載開始(第9回)

 

8月12日~19日 チャリティイベント「KITTYROBOT展~未来へおくるメッセージ~」

 

8月14日

Babel Entertainment によるヘドバンギャー!! レビュー

 

8月19日

SUMMEW SONIC 2012  出演 ※SIDE-SHOW MESSE 18:10分~

タイムテーブル http://www.summersonic.com/2012/attractions/13/ttable.html

BABYMETAL、サマソニ史上最年少&初出場! 海外ライヴも決定! – CDJournal ニュース
 8月19日(日)に行なわれた夏フェス<SUMMER SONIC 2012>東京会場に、BABYMETALが史上最年少で初出演! 開催直前に急遽出演が決定したに……
BABYMETAL、<サマソニ>史上最年少&初出場ライヴでロックファンを魅了 | BARKS
BABYMETALが8月19日(日)、<SUMMER SONIC 2012>東京会場にサマソニ史上最年少で初出演を果たし、開催直前の急遽出演決定にも関わらず、海外からのファンも含め多くの観客が押し寄せ、アイドル…

※出演裏話

 ※バックアップ

担当者に聞いたサマソニの「もう1つのステージ」SIDE-SHOWの魅力とは!? 〜IDOL SONIC編〜 | OBSESSED with BABYMETAL
2015/08/03 SUMMER SONICには正規のHPのタイムテーブルには掲載されない、「もう1つのステージ」SIDE-SHOWというステージがあることを知っていますか? 実は今年MOUNTAIN STAGEでの出演が決定しているBABYMETALも過去にはSIDE-SHOWのステージに立ち、そこから巣立っていったのです。これまで数々の伝説を生んできたSIDE-SHOWで、ブッキングを担当している柴田悠哉さんに、今年の「もう1つのステージ」出演者の魅力について聞きました。 クリエイティブマン 柴田悠哉さん 音楽を楽しむだけのフェスにしたくない ――そもそもSIDE-SHOWというステージを作ることになったきっかけを教えてください。 元々クリエイティブマン代表の清水がお笑い好きだったこともあって、「音楽だけではないステージを作ってしまおう」と企画が持ち上がったことが始まりです。飲食スペースでお客さんがくつろいでいるなかでも、余興のようなステージが面白ければお客さんにとって新しい発見があるんじゃないかと思ったんです。 ――サマソニは、「音楽を楽しむだけのフェスにはしたくない」という思いがあったということでしょうか? そうですね。これはどこのフェスでも言えることなのかもしれませんが、音楽しかやっていないフェスだと、その年のラインナップでそれだけで終わってしまうんですよね。そうではなくて、来るたびに『サマソニって楽しいよね』って思ってもらうためには、ラインナップ云々と同じくらい『こんな面白いものに出会った』とか、そういうふうに思われる体験を作っていかないとダメだと。その取り組みの一つがSIDE-SHOWなんです。 BABYMETALの伝説はSIDE-SHOWから始まった BABYMETAL ――柴田さんがSIDE-SHOWのブッキングを担当するようになったのが2012年からだそうですが、そのときにIDOL SONICの原型になる出来事が起きたんですよね。 そうですね。ブッキングに関してはすべて代表の清水が掌握しているのですが、SIDE-SHOWのIDOL SONICに関しては、ほぼ僕が独断で決めています(笑) ――2012年から4年連続出場となるBABYMETALはこのSIDE

 

8月20日

SuG LIVE BATTLE 2012  “ LIVE! TOWER RECORD DAY ”  SuG、たむらぱんと対バン

たむらぱん、BABYMETALが競演! SuGの対バン公演〈タワレコ・デー〉レポ – TOWER RECORDS ONLINE
たむらぱん、BABYMETALが競演! SuGの対バン公演〈タワレコ・デー〉レポ – タワーレコード
SuG、ジャンルを越えたイベントでBABY METAL&たむらぱんと狂乱の饗宴 | BARKS
<SuG LIVE BATTLE 2012>と題し、この夏、ジャンルの枠を超えた4本の対バン・イベントを敢行したSuG。なかでも振り切れたラインナップで我々をアッと言わせたのが8月20日に行われた3本目である。…
SuG主催バトル第3弾 たむらぱん&BABYMETALとガチ勝負 | Daily News | Billboard JAPAN
 9月19日 約7か月ぶりの新シングル『sweeToxic』をリリースする、ヴィジュアル系シーンの異
SuG、BABYMETAL、たむらぱんが渋谷で異色競演
SuGの対バンイベント「SuG LIVE BATTLE 2012」の第3公演「”LIVE! TOWER RECORDS DAY”『-SuG VS たむらぱん VS BABYMETAL-』」が8月20日、東京・WWWで行われた。

 

8月22日

ドキドキ☆モーニングのPVが100万回再生突破

 

9月6日

Top Yell 10月号 ライブレポート掲載

 

9月6日

Samurai magazine 10月号 記事掲載

 

9月8日

※番外  さくら学院ミニ・ライブ(ららぽーと豊洲)

中元すず香の生歌がすごいと評判に

さくら学院公式チャンネル#20
さくら学院公式チャンネル#20 [音楽] 今回の放送は、2012年9月8日ららぽーと豊洲にて開催いたしました『WONDERFUL JOURNEY』発売記念ミニ…

 

9月10日

BIG ONE GIRLS No.12 ライブレポート記事掲載

 

9月14日

ゆよゆっぺのメジャーデビューに祝福コメント

ゆよゆっぺのデビューをNARASAKI、BABYMETALら祝福
ゆよゆっぺが9月26日にリリースするメジャーデビューアルバム「Story of Hope」の全貌が明らかになった。

 

9月15日

渋谷クアトロに CANNIBAL CORPSE のライブを観に行く

BABYMETAL on Twitter: “渋谷に神が降臨DEATH!! http://t.co/8IduCkM1”

 

9月29日

ラジオNACK5「ESPミュージカルアカデミーPresents  音楽人~ONGAKU-BEAT~」出演

 

10月4日

日経トレンディ11月号 ヒットを生み出すサブカルパワー特集内で記事掲載

 

10月6日

I、D、Z ~LEGEND “ I ” ライブ(Shibuya O-EAST)開催

※第1部 開演15:00  第2部 開演18:30  神バンド初降臨

BABYMETAL、初ワンマン大成功! メジャー1stシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」発売決定!! – CDJournal ニュース
 SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALの3人からなる、アイドル界のダークヒロインことBABYMETAL(ベビーメタル)が6日、初めてのワンマン・……
BABYMETAL初のワンマンで伝説の序章スタート
ニュース| “メタルとアイドルの融合”をテーマに結成されたユニット・BABYMETALが10月6日に初のワンマンライブ『I、D、Z〜LEGEND“I”』を渋谷O-EASTで開催。1部、2部と2回の公演を満員にさせ、アイドル界での“ダークヒロイン”という立ち位置を確立した。 幕が開くと、“キツネ”ポーズで両手をクロスさせた3人が、真紅にライトアップされたステージに登場!…
ベビメタがライブで繰り広げた“メタルとアイドルの戦い” | Daily News | Billboard JAPAN
 アイドルとメタルの融合をテーマに結成されたユニット BABYMETAL(ベビーメタル)が、初のワン

※終演後に「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でメジャーデビューすることを発表

The One BABYMETAL – LEGEND I

 

10月10日

雑誌「MAQUEE」Vol.93  「We’re BABYMETAL」第2回

 

10月16日

週刊アスキー アスキー学院アイドル部に記事掲載

 

10月19日

音楽ナタリー SuGの武瑠(Vo)とSU-METALによる対談

※バックアップ

音楽ナタリー SuGの武瑠(Vo)とSU-METALによる対談 | OBSESSED with BABYMETAL
BABYMETALが2013年1月9日発売のシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でメジャーデビューを果たす。今年の夏は「TOKYO IDOL FESTIVAL 2012」をはじめとするアイドルイベントへの出演に加え、「SUMMER SONIC 2012」出演やSuGやたむらぱんといった他ジャンルのアーティストとの競演で着実に知名度を高めた彼女たち。10月6日に東京・Shibuya O-EASTで行われた初のワンマンライブも大成功を収めるなど、その勢いはとどまることを知らない。 そんなBABYMETALが、ロックシーンの先輩アーティストたちからさまざまなことを学ぶ対談企画がナタリーPower Pushにてスタート。第1弾には8月に東京・WWWで対バンしたSuGのフロントマン・武瑠(Vo)をSU-METAL(Vo, Dance)が迎え、お互いの印象から今後のコラボレーションの可能性までじっくり語ってもらった。 取材・文 / 西廣智一 撮影 / 佐藤類 BABYMETALは今の主流とは異なるアイコンっぽいアイドル像 ──まず武瑠さんはどういうきっかけでBABYMETALを知ったんですか? 武瑠 うちのyuji(G)がすごいアイドル好きで、その流れで教えてくれたんです。たまたま音楽雑誌を読んでたときにさくら学院が載っていて、yujiが「この子たちは部活をやっていて、その中に重音部(=BABYMETAL)っていうのがあるんだよ」ということを解説してくれて(笑)。そうこうしてるうちに、夏には対バンが実現したんです。 ──武瑠さん自身はアイドルには詳しくない? 武瑠 そんなに詳しくないですね。でも最近のアイドルって昔と比べるとより人間っぽいんだなと思っていて。昔のアイドルってあまり現実感がないものだったと思うんですけど、最近は「私もこうなりたい。こういうことをすれば自分もなれるんじゃないか」という親近感があって、女の子が女の子として憧れることも多いですよね。それが今の主流だと思ってたんです。でもBABYMETALは今のアイドルの主流とは異なる、もっとアイコンっぽいアイドル像というか。無機質な感じがして、例えば普段練習してる姿とか楽屋で弁当を食べてる画とかが想像しにくいんですね。 SU-METAL あははは(笑)。

 

10月22日

Kawaii girl Japan LEGEND “ I ” 直後の感想&海外ライブについてコメント

 

10月24日

STUDIO VOICE  グループアイドル・ムーヴメントVol.6 BABYMETAL特集

グループアイドル・ムーヴメント Vol.6増殖するガールズ・ソウル | STUDIOVOICE

※バックアップ

STUDIO VOICE  グループアイドル・ムーヴメントVol.6 BABYMETAL特集 | OBSESSED with BABYMETAL
第6回 あと半年で伝説になるか。 ナパームデス出現以来の衝撃、アイドルとメタルが融合した「BABYMETAL」の対世界戦略取材・文=後藤 勝 2012.10.24 10:00 | MUSIC 賛否両論、毀誉褒貶。評価が割れる斬新さ 新しい何かが出現したときには賛否両論まっぷたつ、という反応を伴う。BABYMETALもその例に漏れない。それはYESであろうとNOであろうと、反応せざるをえないポテンシャルを持っていることの証明でもある。 BABYMETALの仕掛け人である重音部顧問のKOBAMETALは言う。 「どっちかしかないんですよ。いままでも。YouTubeのコメントも含めて、すごく好きか嫌いか、どっちかしか反応がない。個人的にはすごくいいことだと思っています。中途半端になるよりは」 最新シングル「ヘドバンギャー!!」に収録されたPC対応のエクストラトラックMV「BABYMETAL DEATH」の極端な短さが、ギネスブックに世界一短い曲として掲載されているナパームデスの「You Suffer」──演奏時間じつに1秒強──を意識したものであることはたしかだ。映像の終わりに、メンバー三人がギネスブックを読んでいることからもそれはあきらかだろう。つまりBABYMETALをプロデュースした人物は、メタルについてよくわかっている。 純血主義(純メタル主義といえばいいのだろうか?)者の多いメタルリスナーに向かって「アイドルとメタルの融合」を叫べば、反感を買うことはわかっていたはず。多方面から否定的な反応は出る。それでもこのコンセプトを貫くからには相応の覚悟や理由があるにちがいない。 「さくら学院」の部活動として「重音部」が存在することに、ちょっとした違和感を憶えるほど際立つ個性。トイズファクトリーに独自レーベルの重音部RECORDSを打ち立ててのCDリリース。パッケージ、公式ウェブサイト、ステージ、MVの徹底したアートディレクション。MCなしのストイックなライヴ。サウンドメイクの完璧さ。 カットアップ、コラージュ的な楽曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」で登場したBABYMETALも、「ヘドバンギャー!!」ではアイドルとメタルの融合が進み、錬成された境地に辿り着いた感がある。それはナパームデスやカーカスやS.O

 

10月27日

さくら学院祭☆2012  開催   恵比寿 ザ・ガーデンホール

※初日の公演で  ヘドバンギャー!!、 イジメ、ダメ、ゼッタイ を披露

<さくら学院祭☆2012>にて新ユニット・さくら学院 科学部科学究明ロヂカ?初お披露目 | BARKS
“教室エンターテインメント”がコンセプトの成長期限定ユニット・さくら学院が、10月27日と28日の2日間にわたって<さくら学院祭☆2012>を開催。会場となった恵比寿・ガーデンホールにて計3公演、2250人の“父兄…
「さくら学院祭」で“科学究明機構ロヂカ?”初お披露目
さくら学院が10月27、28日の2日間にわたり東京・恵比寿ガーデンホールにて恒例イベント「さくら学院祭☆2012」を開催した。

※映像は21:40過ぎから。BABYMETALのライブシーンはなし

 

10月31日

日経トレンディネット 記事掲載 ※現在は削除

※バックアップ

日経トレンディネット  異色メタルアイドル「ベビーメタル」はなぜ人気? “仕掛け人”を直撃! | OBSESSED with BABYMETAL
2012年10月31日 BABYMETALのメンバー。左から、YUIMETAL、SU-METAL、MOAMETAL 2010年に、「アイドルとメタルの融合」をコンセプトに結成された「BABYMETAL(ベビーメタル)」。アイドルグループ「さくら学院」のメンバー3人が「重音部」として活動する派生ユニットで、群雄割拠のアイドル市場において、かなり異色な存在だ。 重厚なメタルサウンドとアイドルらしいパフォーマンスのギャップ、楽曲やパフォーマンスに見られる「メタル好きにはわかる」ツボを心得た演出など、ほかとは一線を画す魅力でアイドル好き以外のファン層を獲得している。さらに動画共有サイトの「YouTube」経由で楽曲が紹介され、日本のみならず海外のファンからの支持も集めている。 BABYMETALが生まれた経緯から音楽市場でアイドルが担う役割まで、仕掛け人であり、「重音部RECORDS」顧問を務めるアミューズのKOBAMETAL(コバメタル)氏に話を聞いた。 アミューズのKOBAMETAL氏 「ヘビーメタル」をもじって「ベビーメタル」に ――「AKB48」や「ももいろクローバーZ」の他、さまざまなアイドルが存在する中でBABYMETALは異彩を放つグループだ。なぜ、メタルとアイドルを組み合わせようと考えたのか。 代表曲の「ヘドバンギャー!!」を持ち、熱弁をふるうKOBAMETAL氏 KOBAMETAL氏(以下、KOBAMETAL):単純に、自分がメタルもアイドルも好きだったという理由が大きい。 例えば、「Perfume」というテクノとアイドルを組み合わせた成功例がある。これを自分が新しく作るならば、アイドルに組み合わせるのはメタル以外にはないと思っていたところ、メインボーカルのSU-METAL(さくら学院の中元すず香)に出会った。そして、彼女の良い意味でクセがなくストレートな歌声を聴き、「メタルアプローチの曲を少年少女合唱団が歌う」ようなイメージを表現できるのではないかと感じたのが初めだ。

 

11月3日

Anime Festival Asia in Singapore 2012 出演メッセージビデオ公開

 

11月7日

CD&DLでーた別冊「ニッポンのアイドル宣言2」 インタビュー記事掲載

 

11月8日

BABYMETAL Youtube Offisial Channels オープン

※イジメ、ダメ、ゼッタイのトレーラー映像などを公開

 

11月10日

Anime Festival Asia in Singapore 2012 出演 ※初の海外公演

BABYMETAL – AFA2012
BABYMETAL – AFA2012 [音楽] 割と低画質。mylist/46227215

 

11月21日

ラジオニッポン放送「ミュ~コミ+(プラス)」コメント出演

 

11月26日

Kawaii girl Japan AFA Singapore 2012 出演後コメント

 

11月26日

Youtube Offisial でイジメ、ダメ、ゼッタイのPVを公開

 

11月27日

フジテレビ「めざましテレビ」 イジメ、ダメ、ゼッタイのPVが少しだけ放映される

 

11月28日

音楽ナタリー 凛として時雨のドラマー、ピエール中野と対談

※バックアップ

音楽ナタリー ピエール中野(凛として時雨のドラマー)と対談 | OBSESSED with BABYMETAL
2012年11月28日 BABYMETALがロックシーンの先輩アーティストたちからさまざまなことを学ぶ対談企画。第1弾ではSuGのフロントマン・武瑠とSU-METAL(Vo, Dance)によるディープな対談が行われた。今回掲載する第2弾では、ゲストとして凛として時雨のドラマー・ピエール中野が登場し、BABYMETALの3人と新鮮なトークを展開。ステージ上でのパフォーマンスや楽器の練習方法、さらにはメタルの基本など、この組み合わせならではの会話を楽しんでもらいたい。 取材・文 / 西廣智一 撮影 / 佐藤類 ヘヴィメタルのいい部分をきちんと取り入れている ──ピエールさんは最初どういうきっかけでBABYMETALを知ったんですか? ピエール中野 音楽好きの人やバンドマンから「BABYMETAL、カッコいいから観たほうがいいよ」ってよく言われてたんですよ。で、最初に観たのが「ヘドバンギャー!!」のPV。まず曲のアレンジが細かく詰められていて、楽曲のレベルが高いと思いました。そもそもアイドルソングってクオリティが高いものが多いと思うんですけど、その中でもBABYMETALはヘヴィメタルの本当にいい部分をきちんと取り入れていて。ツーバスの入れ方とかギターリフの構成とかセンスいいなと思うし、これはすごく支持されるだろうと思いました。 ──完全に楽曲から入ったんですね。 ピエール中野 はい。僕は割と楽曲から入ることが多いんですよ。Perfumeがすごく好きなんですけど、それも楽曲から入りました。で、観ていくうちに振り付けだったり本人たちのキャラだったり、そういったところもいいなと思うようになっていくんです。曲から入る人、見た目から入る人、いろんなタイプがいますけど、僕みたいにバンドをやってる人間の場合はまず曲が良くないとダメだと思う人が多いんじゃないかな。 生バンドは音が違うんだよね ──BABYMETALのライブを観たことはありますか? ピエール中野 映像では観たことあります。振り付けをMIKIKO先生(Perfumeなどを手がける振付師)がやってるというのもあって、観ていて楽しいし。早く生でライブを観たいですね。 YUIMETAL 私たち、この間O

 

12月3日

NHK「MUSIC JAPAN」公開収録

 

12月7日

BIG ONE GIRLS No.14 記事掲載

 

12月10日

雑誌「MAQUEE」Vol.94  「We’re BABYMETAL」第3回

※3人のロングインタビュー、KOBAMETALのインタビュー記事掲載

 

12月12日

タワーレコード新宿店のアイドル企画「NO MUSIC,NO IDOL?」に再び選出

「NO MUSIC, NO IDOL?」第26弾『BABYMETAL』 – TOWER RECORDS ONLINE
「NO MUSIC, NO IDOL?」第26弾『BABYMETAL』 – タワーレコード

 

12月15日

月刊HMV1月号 記事掲載

 

12月15日

KERA 2月号 インタビュー記事掲載

 

12月18日

TSUTAYA 「VA」 連載 「BABYMETAL DEATH!!」スタート

 

12月19日

フジテレビ「めざましテレビ」で特集 ※地上波初登場

 

12月19日

TV Bros. 2012年12月22日号 インタビュー記事掲載

 

12月19日

イジメ、ダメ、ゼッタイの着うた先行配信スタート

 

12月20日

I、D、Z ~LEGEND “ D ” ライブ(赤坂BLITZ)※初の聖誕祭

BABYMETAL 聖誕祭でSPEEDや「翼をください」をメタルカバー | Daily News | Billboard JAPAN
 来年1月9日にシングル『イジメ、ダメ、ゼッタイ』でメジャーデビューする3人組ユニット BABYME
BABYMETAL、大熱狂のワンマン・ライヴ開催! – CDJournal ニュース
 12月20日(木)、BABYMETALが東京・赤坂「BLITZ」でワンマン・ライヴ〈I、D、Z〜LEGEND“D”SU-METAL聖誕祭〉を開催! この日は、……
BABYMETAL、SU-METAL聖誕祭で異色カバー連発
BABYMETALが12月20日、東京・赤坂BLITZでワンマンライブ「I、D、Z ~LEGEND “D” SU-METAL聖誕祭」を行った。

The One BABYMETAL – LEGEND D

 

12月20日

CDJournal 2013年1月号 インタビュー記事掲載

 

12月20日

B.L.T. 2月号 インタビュー記事掲載

 

12月22日

ラジオ TOKYO No.1 カワイイ ラジオ 出演

 

12月25日

警視庁主催:冬休みの子ども安全クリスマスキャンペーン イベントに登場

BABYMETAL「飛び出し、ダメ、ゼッタイ!!」渋谷駅前で交通安全キャンペーン! – CDJournal ニュース
 12月25日(火)、東京・渋谷駅前ハチ公広場にて警視庁による〈冬休みの子ども安全クリスマスキャンペーン〉が行われ、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」で来年の1月9日に……
BABYMETAL、渋谷駅前での交通安全キャンペーンでライヴパフォーマンスを披露 | BARKS
渋谷駅前ハチ公広場にて警視庁による『冬休みの子ども安全クリスマスキャンペーン』が12月25日に行われ、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」で1月9日にメジャーデビューするBABYMETALがキャンペーン隊長として登場。クリス…
飛び出し、ダメ、ゼッタイ!BABYMETALが渋谷で交通指導
本日12月25日に東京・渋谷駅前ハチ公広場で行われた警視庁による「冬休みの子ども安全クリスマスキャンペーン」イベントに、BABYMETALが登場した。

 

12月27日

DESEMBER’S CHILDREN   日本武道館

※ピエール中野のステージにゲストで登場し、ヘドバンギャー!!を披露

ピエール中野のライヴにBABYMETAL、ミヤ(MUCC)がゲスト出演! – CDJournal ニュース
 12月27日(木)に日本武道館で開催されるオムニバス・ライヴ・イベント〈DECEMBER’S CHILDREN〉でのピエール中野(凛として時雨)のライヴに、B……
ピエール中野&BABYMETAL、武道館イベントで競演
12月27日に東京・日本武道館で行われるライブイベント「DECEMBER’S CHILDREN」。このイベントのピエール中野(凛として時雨)のステージに、BABYMETALがゲスト出演することが決定した。
時雨、9mm、ムックら武道館で共演、5500人が熱狂 | Daily News | Billboard JAPAN
 12月27日に日本武道館でオムニバスライブイベント【DECEMBER’S CHILDREN】が行わ

 

12月29日

De★View 2月号 インタビュー記事掲載

 

12月30日

SHUTTER magazine Vol.7 記事掲載

 

12月31日

 

 

 

 

2013年

 

 

 

 

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは主にBABYMETAL関連、その他音楽情報(オススメバンド等)を不定期で更新していきます。宜しくお願いします。