担当者に聞いたサマソニの「もう1つのステージ」SIDE-SHOWの魅力とは!? 〜IDOL SONIC編〜

2015/08/03

SUMMER SONICには正規のHPのタイムテーブルには掲載されない、「もう1つのステージ」SIDE-SHOWというステージがあることを知っていますか? 実は今年MOUNTAIN STAGEでの出演が決定しているBABYMETALも過去にはSIDE-SHOWのステージに立ち、そこから巣立っていったのです。これまで数々の伝説を生んできたSIDE-SHOWで、ブッキングを担当している柴田悠哉さんに、今年の「もう1つのステージ」出演者の魅力について聞きました。

クリエイティブマン 柴田悠哉さん
クリエイティブマン 柴田悠哉さん

音楽を楽しむだけのフェスにしたくない

――そもそもSIDE-SHOWというステージを作ることになったきっかけを教えてください。
元々クリエイティブマン代表の清水がお笑い好きだったこともあって、「音楽だけではないステージを作ってしまおう」と企画が持ち上がったことが始まりです。飲食スペースでお客さんがくつろいでいるなかでも、余興のようなステージが面白ければお客さんにとって新しい発見があるんじゃないかと思ったんです。

――サマソニは、「音楽を楽しむだけのフェスにはしたくない」という思いがあったということでしょうか?
そうですね。これはどこのフェスでも言えることなのかもしれませんが、音楽しかやっていないフェスだと、その年のラインナップでそれだけで終わってしまうんですよね。そうではなくて、来るたびに『サマソニって楽しいよね』って思ってもらうためには、ラインナップ云々と同じくらい『こんな面白いものに出会った』とか、そういうふうに思われる体験を作っていかないとダメだと。その取り組みの一つがSIDE-SHOWなんです。

BABYMETALの伝説はSIDE-SHOWから始まった

BABYMETAL
BABYMETAL

――柴田さんがSIDE-SHOWのブッキングを担当するようになったのが2012年からだそうですが、そのときにIDOL SONICの原型になる出来事が起きたんですよね。
そうですね。ブッキングに関してはすべて代表の清水が掌握しているのですが、SIDE-SHOWのIDOL SONICに関しては、ほぼ僕が独断で決めています(笑)

――2012年から4年連続出場となるBABYMETALはこのSIDE-SHOWから始まったんですよね? 当時最年少のサマソニ出演者ということで話題になりましたが、どういう経緯で出演が決まったのでしょうか?
実は、BABYMETALのプロデューサーKOBAMETALとは10年来の知り合いで、バンドを一緒にやったりしてたんですよ。それで、当時『ライブを観に来て』と言われまして。まだまだ全国区の知名度ではない頃でしたが、彼女たちのパフォーマンスに衝撃を受けて、サマソニに出したいなと思ったんです。

ただ既存のステージはすべて埋まっていたので、SIDE-SHOWでやろうと決めました。そうしたら、最年少のサマソニ出演者ということでメディアが取り上げてくれてバズったんですよね。当日のライブも凄まじくて、それから渋谷のO-EASTワンマン、赤坂BRITZワンマンと、あれよあれよという間に彼女たちが大きな存在になっていったんです。今年はMOUNTAIN STAGEの出演ですけど、最初はSIDE SHOWの小さいステージだった。こんなふうにBABYMETALとサマソニの関係性が続いているのも嬉しいですね。

――そのことが、IDOL SONICと謳われるようになる一つのきっかけになったんでしょうか?
「そうですね。2012年当時はBABYMETALをブッキングすると言っても最初は社内的にスルーされていたのですが、次の年には誰も無視できないような存在になっていて。だったらSIDE-SHOWで、BABYMETALみたいな存在になりうるアイドルを厳選して1日5〜6組ずつくらい、きちんと出る時間帯を決めてやろうとなったんです。それがIDOL SONICの始まりですね。翌年の2013年には、川島海荷ちゃんのいる9nineとか、バニラビーンズとかlyrical Schoolなどに出演してもらいました。
クリエイティブマン 柴田悠哉

今年のIDOL SONICは、音楽的にも充実!

――今年のIDOL SONICの見どころと注目株を教えてもらえますか?
今年は過去2年にも増して音楽的にも充実している気がします。今までアイドルを聞いたことのない音楽ファンも驚くような、音楽的素養の高いアイドルが特に多いのかなという気がします。個人的には1日目のPassCodeは、Fear, and Loathing in Las Vegasとかのメタルに共振するような音楽をやっていて、面白いのではないかと。BABYMETALの次の存在になりうる人だと思っています。あと2日目は吉田凛音ちゃんかな。ノーナ・リーブスというバンドの西寺さんが曲を書いているので、そのクオリティの高さは間違いないです。ボーカルのインパクトもありますよ。

PassCode
PassCode
吉田凜音 - 真夏のBeeeeeeaM.(Short Ver.)
吉田凜音 – 真夏のBeeeeeeaM.(Short Ver.)

――神聖かまってちゃんのドラマーみさこが所属するアイドル『バンドじゃないもん』なども出ますね。こちらも同じくSIDE-SHOWの「出れんの!?サマソニ」に出演していた経歴があるのも面白いですよね。
そうなんです。他にもゆるめるモ!は、POLYSICSのハヤシさんが楽曲提供だったりするのも面白いですよ。アーティスト写真もどことなくDEVOみたいですしね。元BiSの寺島由芙さんもすでに注目されていますし、スルースキルズは、ロンブー淳さんがプロデュースしていたりと、話題にこと欠かないメンバーが揃ったと思います。

スルースキルズ
スルースキルズ
ゆるめるモ! "Hamidasumo!" (Official Music Video)
ゆるめるモ! “Hamidasumo!” (Official Music Video)

――来年にはこのステージからメインのステージに出演するようなアイドルが出てくるかもしれないと思うと期待してしまいますね。お客さんにはどんな風に楽しんでもらいたいですか?
あくまでSIDE-SHOWではあるので、あえて予習して目撃してほしいとまでは思いません(笑) ご飯食べているときや通り過ぎようとしたときに、いいなと思うアイドルとの出会いがあったら嬉しいなと。

個人的には、今のアイドル市場って昔バンドブームと言われて、『イカ天!』という番組がやっていた頃と同じくらい雑多で、面白いものがあると思うんです。しかもサマソニってアイドルたちにとってはアウェイですから、すごく前のめりにパフォーマンスするんです。そこで多くの人に面白がってもらえるってことは、それだけ地力のあるグループってことなんですよね。彼女たちの本気のパフォーマンスに引っかかる部分があったら、応援してほしいですね。

text:冨手公嘉