音楽ナタリー SuGの武瑠(Vo)とSU-METALによる対談

BABYMETALが2013年1月9日発売のシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でメジャーデビューを果たす。今年の夏は「TOKYO IDOL FESTIVAL 2012」をはじめとするアイドルイベントへの出演に加え、「SUMMER SONIC 2012」出演やSuGやたむらぱんといった他ジャンルのアーティストとの競演で着実に知名度を高めた彼女たち。10月6日に東京・Shibuya O-EASTで行われた初のワンマンライブも大成功を収めるなど、その勢いはとどまることを知らない。

そんなBABYMETALが、ロックシーンの先輩アーティストたちからさまざまなことを学ぶ対談企画がナタリーPower Pushにてスタート。第1弾には8月に東京・WWWで対バンしたSuGのフロントマン・武瑠(Vo)をSU-METAL(Vo, Dance)が迎え、お互いの印象から今後のコラボレーションの可能性までじっくり語ってもらった。

取材・文 / 西廣智一 撮影 / 佐藤類

 

BABYMETALは今の主流とは異なるアイコンっぽいアイドル像

──まず武瑠さんはどういうきっかけでBABYMETALを知ったんですか?

写真は左から武瑠、SU-METAL。

武瑠 うちのyuji(G)がすごいアイドル好きで、その流れで教えてくれたんです。たまたま音楽雑誌を読んでたときにさくら学院が載っていて、yujiが「この子たちは部活をやっていて、その中に重音部(=BABYMETAL)っていうのがあるんだよ」ということを解説してくれて(笑)。そうこうしてるうちに、夏には対バンが実現したんです。

──武瑠さん自身はアイドルには詳しくない?

武瑠 そんなに詳しくないですね。でも最近のアイドルって昔と比べるとより人間っぽいんだなと思っていて。昔のアイドルってあまり現実感がないものだったと思うんですけど、最近は「私もこうなりたい。こういうことをすれば自分もなれるんじゃないか」という親近感があって、女の子が女の子として憧れることも多いですよね。それが今の主流だと思ってたんです。でもBABYMETALは今のアイドルの主流とは異なる、もっとアイコンっぽいアイドル像というか。無機質な感じがして、例えば普段練習してる姿とか楽屋で弁当を食べてる画とかが想像しにくいんですね。

SU-METAL あははは(笑)。

武瑠 ちょっとしたCGやアニメというか、そういう感じがしました。

──BABYMETALはライブでもほぼしゃべらないから、余計にそういうイメージが強いのかもしれないですね。

SU-METAL そうですね。MCは一切ないですし。

武瑠 ああ、なるほど。そういうところもあるのかもしれないですね。だからBABYMETALの場合はがんばってる女の子に対しての応援というよりは、アニメのキャラクターを好きになるような印象が強いんです。

 

SuGは自分の中にあった「楽器を演奏して歌う」イメージとは違った

──SU-METALさんはSuGに対してどういう印象がありますか?

SU-METAL

SU-METAL すごく面白くて、ライブ映像を観ていても普通に笑っちゃったりして。客席を観るとすごくグチャグチャしてるように見えるんだけど、でも一体感があるようにも見えるんです。音楽もいろんなジャンルがごちゃまぜになっていて、そういうところが本当にすごいなと思いました。

──いろんなバンドがいる中で、SuGはちょっと違う感じがする?

SU-METAL そうですね。私もそんなにいろんなバンドさんを知ってるわけじゃないけど、SuGは自分の中にあった「楽器を演奏して歌う」みたいなイメージとは違うこともやってるなって。新しい発見をした感じがあります。

武瑠 ライブDVDを観てくれたんですか。どれを観てくれたのかな?

SU-METAL 「VIP POP SHOW.」(2012年3月発売)です。

武瑠 ああ、一番ネタっぽいというか(笑)。あのニュース番組の映像が出てくるやつですよね?

SU-METAL そうです。

武瑠 あの架空のニュース番組は小説にも出てくるんですよ。

──SuGの面白いところは武瑠さんがアルバムのストーリーの元として小説を書くことなんです。

SU-METAL え?

武瑠 アルバムの曲順どおりに進んでいく小説を書くっていうか、元々そのストーリーを考えてからアルバムの曲を書いていくんです。

SU-METAL すごい!

武瑠 自分たちで考えて発信できる場がせっかくあるんだから、いろいろリンクさせたいんです。その曲に合わせて服をデザインするのもそのひとつですね。

 

BABYMETALは音楽業界周辺での人気が高い

──武瑠さんはBABYMETALのファンの前でライブをしたときの印象を覚えてますか?

武瑠 楽しもうって気持ちがすごく伝わってきましたね。最初はちょっと怖いイメージがあって、ステージに出て行った瞬間に「ブー! ブー!」みたいに言われるのかと思ったけど全然そんなことなくて。自分たちのファンよりも楽しんでた印象があります。

──アイドルファンってそのへんの柔軟性があるというか、アイドルと一緒にステージに立つ人たちにも同じように声援を送ってくれる人が多いと思うんです。この空間を一緒に楽しもうという気持ちが強いのかもしれませんね。

武瑠

武瑠 とにかくビックリしましたね。だからあのイベントをやってから、もっと意欲的にいきたいなって思いました。

──あの日のイベントはSuGとBABYMETAL、たむらぱんというすごくバラバラな3組が出演しましたが、実は観終わったときにそこまでバラバラとは感じなかったんですよ。

SU-METAL そうなんですか?

──3組ともちょっとストレンジなことをやってるんだけど、1周回って実はものすごいど真ん中の王道みたいな。ジャンルこそ異なるけど、そういう人たちなんじゃないかという気がしました。

武瑠 SuGはBABYMETALほどストレンジなことをやってる気持ちは一切ないですけどね(笑)。

SU-METAL あははは(笑)。

武瑠 でもあの日は観に来た友人知人がめちゃくちゃ盛り上がってましたよ。友達のDJもBABYMETALにすごくハマっていて、その人のイベントに行くと「君とアニメが見たい、アニメが見たい」って曲(「君とアニメが見たい~Answer for Animation With You」)がかかってましたし。そういう音楽業界周辺の人たちからの人気はとても高いと思います。

 

yujiはオファーをもらったら2日で曲を書いてくると思う

──武瑠さんはもしBABYMETALに楽曲提供を頼まれたらどうしますか?

SU-METAL

武瑠 もう2秒でOK。

SU-METAL あはは(笑)。

──早いなあ(笑)。

武瑠 yujiなんて多分0.8秒くらいで、食い気味にOKって言うと思いますよ(笑)。実はyuji、過去にあるアイドルの楽曲コンペに曲を提出したことがあるんです。そうしたら「良い曲すぎるからダメ」っていう理不尽な返事がきて(笑)。ガチで良い曲で、完全にシングル向きだったんですけどね。へたしたらSuGのよりも良い曲じゃないかってくらいで(笑)。

──そんなことがあったんですね。

武瑠 その後も何度か曲を提出してるみたいです。KREVAさんが募集してたらそれに匿名で応募したりとか(笑)。ズルいルートを使わずに普通に応募してるんですよ。あいつ、多分100曲以上は曲のストックがあるんじゃないかな。SuGはメンバー全員作曲するんですけど、yujiだけは常にたくさん曲を作っていて。アイドルが好きだからアイドルっぽい曲も作るしね。実はこないだのシングル「sweeToxic」も女の子が歌うキーで作っていて、音楽的に東京女子流の影響をかなり受けてると思います。

──じゃあyujiさんのBABYMETALへの楽曲提供も夢ではないと。

武瑠

武瑠 多分オファーをもらったら2日で曲を書いてくると思う(笑)。なのでアルバム曲でもシングルのカップリング曲でもぜひ。

SU-METAL うれしい。ありがとうございます!

──この記事が公開されたら、2日後にはyujiさんから曲が……。

武瑠 勝手に届いてるかもしれない。

SU-METAL 本当ですか?

武瑠 いや、あいつは本気にするから(笑)。今は「良い曲すぎるってなんやねん」って、心がちょっと折れてるときなので、すごい励みになるんじゃないかな(笑)。

 

もしもSuGがBABYMETALに楽曲提供するなら

──SU-METALさんはSuGの皆さんに曲を作ってもらうとしたら、こんな曲が欲しいという希望はありますか?

SU-METAL BABYMETALは声を張り上げて歌う激しい曲か、すごくかわいらしい曲のどちらかで。だからその中間っぽい曲も歌ってみたいです。でも、もっとカッコいい感じの曲もやってみたいですし。

武瑠 十分カッコいいと思いますよ。既にかなり硬派だし。そうだなあ、ただのメタルじゃなくてもうちょっとコンセプト色の強い演劇っぽい曲も面白そうですね。それとメンバーがギターやベースを持って歌うのもアリだと思います。ZO-3(アンプ内蔵のエレキギター)みたいなちっちゃい楽器を持ってたらかわいいんじゃないかと。

SU-METAL そんなギターがあるんですか?

武瑠 そう。俺、昔はZO-3使ってライブしたこともありますよ。みんなにも簡単に弾けるんじゃないかな。

SU-METAL

SU-METAL 本当ですか?

武瑠 簡単なコードの曲ならすぐ弾けると思う。

SU-METAL それ、2人(YUIMETAL、MOAMETAL)が持ったらちょうどいいくらいの大きさかも(笑)。

武瑠 確かに(笑)。

──SU-METALさんの両サイドにギターを持ったYUIMETALさん、MOAMETALさんがいたらそれだけでカッコいいと思いますよ。

武瑠 ライブでもステージ上にマーシャルのギターアンプをたくさん置いてましたもんね。例えば「B、A、B、G」というコード進行だったら歌詞もそれに習ったギター教則メタルソングとかいいかも。

SU-METAL あはは、面白そう(笑)。

──BABYMETALの皆さんがギターを弾きながら、お客さんも一緒にコードを覚えていくみたいな。

SU-METAL いいですね。BABYMETALのライブでは曲中にお客さんの合いの手が入るんですけど、私自身が言ったことに対してお客さんから返してもらうコール&レスポンスがなくて。だからそういうこともやってみたいなと思います。

武瑠 それも面白そう。BABYMETALはどんどん自由にやったほうがいいと思いますよ。

 

「じゃあキツネさんでいいや」

──武瑠さん、ほかにBABYMETALの気になるところってありますか?

武瑠

武瑠 あります、あります。BABYMETALのするメロイックサインってキツネなんですよね。それもyujiが熱弁していて。急に「キツネだお」とか言い出して「こいつ何言ってるんだろう?」と思ってた(笑)。

SU-METAL あはは(笑)。そうなんです。最初メロイックサインの写真を見せられたんですけど、「あ、キツネさんだ! カワイイ!」とか言ってキャッキャ騒いでたら、スタッフさんが「じゃあキツネさんでいいや」って(笑)。それが始まりです。

武瑠 そうなんだ。それはもう完全に化学反応ですね。1人で考えたら絶対出てこなかっただろうし。

SU-METAL BABYMETALは結構そういうことが多くて。レコーディングで私が歌ってる間、YUIMETALとMOAMETALがふざけて踊ってたダンスが「面白いね、それ」って振り付けに採用されたり。あと「ヘドバンギャー!!」っていう曲の中にいろんなメタル用語が入ってるんですけど、スタッフさんから説明されて私は理解したけど2人はキョトンとした顔をしてるんです(笑)。

SU-METAL

武瑠 でも自然にやってる感じがすごく面白かったです。アニメみたいだなと思って。だから現実感があまりなくて、すごく不思議なんだよね。

SU-METAL 曲を聴いて「わっ、面白い!」と思って入っていく感じだから、自然と楽しんでやってるっていうか。ジャンルのことはわからないけど、音楽がすごく楽しいし踊るのも楽しいからやってるみたいな感じです。

あの2人は小学生の頃からヘドバンしてるわけだ

武瑠 あの、今さらなんですけど根本的な質問を。今いくつですか?

SU-METAL 中学3年生です。

武瑠 あの2人も?

SU-METAL 2人は中1です。

武瑠 あ、そうなんだ。じゃあこないだまで小学生だったんですね。あの2人は小学生の頃からヘドバンしてるわけだ。

SU-METAL

SU-METAL あはは(笑)。

武瑠 みんなどういう大人になるんだろうなって思いますよね。だって普通に中学校に行ってただ勉強してる人とは全く違う栄養素をぶっ込まれたわけじゃないですか。

SU-METAL どうなんだろう。でも普段は普通に学校に行ってるし、撮影のときも休憩時間に勉強の教え合いっこしてるし。素はガッツリした中学生なので、みんな普通にそのままなんじゃないかなあ。

 

10代の子から話を聞くのは面白い

武瑠 地元はどこなんですか?

武瑠

SU-METAL 広島です。以前は広島から通ってたんですけど、今年の4月から東京に住んでます。

武瑠 そうなんだ。今って若いアイドルの子が多いけど、そういうのって普通のことなんですか?

──地元を拠点に活動してるアイドルもいるし、東京まで通ってる子も多いみたいですよ。

武瑠 それ自体も新鮮な経験ですよね。これくらいの年齢でそんな長距離移動、そんなにする機会もないし。

SU-METAL そうですよね。

武瑠 いやあ、こうやって10代の子から話を聞くのは面白いですね。バンドをやってると後輩に10代の子っていないし。俺、この前地元に帰ったときにマックで中学生カップルを探しましたもん。「ちょっとオゴるからインタビューさせてよ」って(笑)。そういうの、すごく好きなんですよ。地方に行くとデートしてる学生カップルに「どこ行くの?」ってよく話しかけますから。

SU-METAL あはは(笑)。

武瑠 そういうときは必ず女の子のほうが度胸があって普通に返してくるんですけど、男の子はちょっとモジモジしちゃう(笑)。なんて話はどうでもよくて。普通に訊きたいことが多すぎてすみません(笑)。

──でもそれだけBABYMETALに興味を持ってくれたってことですもんね。この対談がきっかけになって、yujiさんが本当に曲を書いてくれるとうれしいですね。

SU-METAL 本当ですね!

武瑠 SuGが本気を出すと本当に怖いですよ。

──そしてまたライブで競演するのも観てみたいですし。

武瑠 まあ来年になったら「えっ、SuG? 何それ?」って言われてるかもしれない(笑)。

SU-METAL そんなことないです(笑)。

写真は左から武瑠、SU-METAL。