BRING ME THE HORIZON 新木場 Studio Coast ライブレポート(guest: HYDE)

スポンサー




 

バンドとしては5年ぶりの来日

今年1月にリリースした通算6作目アルバム『amo(アモ)』がキャリア史上初の全英チャート1位を獲得し、リード・シングル「MANTRA」が〈第61回グラミー賞〉で‟最優秀ロック・ソング”部門にノミネートされた、英シェフィールド出身のロック・バンド、ブリング・ミー・ザ・ホライズン(以下BMTH)が約5年振りに来日。8月16日(金)に大阪、8月17日(土)に東京で〈サマーソニック2019〉に出演し、8月19日(月)には東京・新木場STUDIO COASTにてゲスト・アクトにHYDEを迎えた単独公演を開催。日英を代表するロック・アーティストが共演する豪華イベントに、詰めかけた約2,500人のファンが熱狂した。今回はそのライブ・レポートをお届ける。

 

仕事の関係上、当日は開演時間ギリギリで入場。ドリンク代を支払い、ホワイエの真ん中にあるドリンクカウンターにてコークハイを注文。周囲を見渡すと、観客のほとんどは若者だった。また、女性の比率は随分と高いように感じられた。男女比は6:4といったところだろうか。喉を十分に潤わせてからホールに入る。ちょうどゲスト・アクトのHYDEのライブが始まるところだった。

 

 

HYDE ライブレポート

ソニー・ミュージック公式より  Photo by 田中和子

 

セットリスト

01.FAKE DIVINE
02.AFTER LIGHT
03.MAD QUALIA
04.DEVIL SIDE
05.ANOTHER MOMENT
06.SICK

ホール下手側から入場。すでにライブは始まっていたので中の方へは進まず、そのまま入場口付近で観戦。HYDEのライブを生で観るのは今回が初だった。HYDEは「FAKE DIVINE」「AFTER LIGHT」と2曲続けて披露したのち、‟BRING ME THE HORIZONは僕も大好きなバンドです。今日ここでライヴをさせてもらって感謝しています。あと4曲、全力でいかせてもらうぜ!”と会場を埋めたBMTHのファンにも挨拶。最新シングル「MAD QUALIA」、VAMPSの「DEVIL SIDE」と続き、「ANOTHER MOMENT」では観客とのコール&レスポンスで更なる見せ場を演出。ラストは「SICK」で締めくくり、約30分のパフォーマンスを終了させた。楽曲は思っていたよりヘビーだったので十分にライブは満喫できたが、それ以上に、HYDEの献身的な態度に驚いたし、感銘を受けた。国内では大物アクトであるにもかかわらず、前座であることを十分に理解し、何度も会場を温めようとしていた。そのことからも、本当にBMTHが好きなんだということが窺えた。

 

 

BRING ME THE HORIZON ライブレポート

セットリスト

01. MANTRA
02. Avalanche
03. House of Wolves
04. Medicine
05. Wonderful Life
06. Shadow Moses
07. Happy Song
08. Mother Tongue
09. Can You Feel My Heart
10. Sugar honey Ice & Tea
11. Nihilist Blues
12. Activist
13. Follow You

en1. Drown
en2. Throne

※黒字はサマソニのセットリスト 赤字は単独公演で追加された曲

 

時刻は20時。スペシャル・ゲストのHYDEが場内を盛り上げ、いよいよBRING ME THE HORIZONが登場してくる。定刻通りにステージは暗転し、最新作「amo」のリード曲「MANTRA」でライブはスタート。メンバーが登場してくると会場は早くも大盛り上がり。フロアでは1曲目から激しいモッシュが発生。ほかにも、ほぼ全曲をとおしてコール&レスポンスにシンガロングと、海外のコンサートでは当たり前となっている光景が展開され、ライブは終始、熱狂的に進行した。ちなみにサマソニのセットリストになく、今回の単独ライブで披露した曲は「Avalanche」「Can You Feel My Heart」「Nihilist Blues」「Activist」の4曲。どれもライブで見たいと思っていた曲だったので、ライブで生で観ることができて嬉しかった。なお、ここからは、曲ごとに観客がシンガロングするパートなども踏まえてレポートしていきます。

 

その前に、ライブ中、すべての歌詞を歌う人がたまにいます。サマソニ東京のBMTHのライブの時も隣の白人女性はずっと歌っていたし、今回も僕の後ろの男性はずっと歌っていました。海外では観客が一緒になって歌うのはめずらしくはなく、また、僕はそういうのはあまり気にはしないのですが、中には、せっかくヴォーカルの歌声が聴きたいのに、隣の人がずっと歌っていて邪魔だった、と思う人もいるでしょう。なので、全曲歌う場合は口ずさむ程度にしておき、みんなでシンガロングor合唱するパートの個所だけ大きな声で歌うというふうにメリハリをつけることが大事になってくると思います。ライブはみんなが楽しむものなので、独りよがりにならないように心がけましょう。

 

 

1. MANTRA

最新アルバム『amo』のリード曲にしてヘビーでキャッチーな同曲。イントロが始まればヘドバンせずにはいられません。この曲の合唱ポイントはサビの部分。ファンカムの映像でわかるように、観客に歌ってほしいパートはスクリーンに大きく歌詞が表示されます。英歌詞を全部覚えきれない場合は最後のコール‟MANTRA!”(赤字)だけでも叫びましょう。人によってはブリッジ部分を歌うことも。

サビ
Before the truth will set you free, it’ll piss you off
Before you find a place to be, you’re gonna lose the plot
Too late to tell you now, one ear and right out the other one
‘Cause all you ever do is chant the same old mantra

ブリッジ
And I know this doesn’t make a lot of sense
But do you really wanna think about yourself now?
All I’m asking for’s a little bit of faith
You know it’s easy to believe
And I know this doesn’t make a lot of sense
You know you gotta work the corners of your mind now
All I’m asking for’s a little bit of faith
You know it’s easy to, so easy to believe

 

 

2. Avalanche

アルバム『That’s the Spirit』収録の同曲。タイトルは‟雪崩”を意味し、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の症状を雪崩にたとえ、心の葛藤を描いています。個人的に大好きな曲なので、僕はサビとブリッジのところは一緒になって歌います。

サビ
It’s like an avalanche
I feel myself go under
Cause the weight of it’s like hands around my neck
I never stood a chance
My heart is frozen over
And I feel like I am treading on thin ice
(And I’m going under)※2回目のみ

ブリッジ
I need a cure for me cause a square doesn’t fit the circle
Give me a remedy cause my head wasn’t wired for this world
※繰り返し

 

 

3. House of Wolves

※ロラパルーザ

アルバム『Sempiternal』収録曲。おそらくBMTHの近年のライブでは、最も激しいモッシュが発生する曲。基本的には、観客がコール(ブリッジ含む)するところは僕は歌いますが、元気のある人はずっとモッシュするのもありでしょう。間奏での折り畳みヘドバンは必須。

コール
Brick by brick by brick
Brick by brick by brick

※2回目以降(赤字が歌うところ)
Brick by brick by brick
These walls begin to cave in
The house of wolves you built
Whispers in a thousand tongues

ブリッジ(赤字がコールするところ)
And when you die, the only kingdom you’ll see
Is 2 foot wide and 6 foot deep
And when you die, the only kingdom you’ll see
Is 2 foot wide and 6 foot deep, oh!

 

 

4. Medicine

※サマソニ東京

最新アルバム『amo』収録曲。ヴァースからサビにかけて合唱するのが定番となっていますが、この曲が好きな人はブリッジも含めて全部歌っています。また、ファンカム(サマソニ東京)にもあるように、ライブでは一番最後のフレーズを観客に歌わせることが多いようです。

ヴァース
And you just can’t quit
why don’t you deal with it?
I think it’s time to stop

サビ
You need a taste of your own medicine
‘Cause I’m sick to death of swallowing
Watch me take the wheel like you, not feel like you
Act like nothing’s real like you
So I’m sorry for this, it might sting a bit

ヴァース※2回目
But you won’t admit, why don’t you get a grip?
‘Cause you can’t keep going on and on and on and on like this
And you just can’t quit, why don’t you deal with it?
I think it’s time to stop

ラスト
‘Cause life’s so much brighter when they go

 

 

5. Wonderful Life

最新アルバム『amo』収録曲。イングランド出身のエクストリーム・メタル・バンド、CRADLE OF FILTHのDani Filth(Vo)をフィーチャーしたハードなナンバー。ヘビーなギター・リフに合わせてヘドバンし、サビで大合唱するのが定番。中には全部歌う人もいるようです。この曲も間奏で折り畳みヘドバン推奨。

サビ
Lone, getting high on a Saturday night
I’m on the edge of a knife
Nobody cares if I’m dead or alive
Oh, what a wonderful life

1人で、ハイになる土曜の夜
ナイフの先端に立ってるみたいだ
僕が生きてようが死のうが誰も気にしない
なんて素晴らしい人生なんだろう

 

 

6. Shadow Moses

アルバム『Sempiternal』収録曲。ライブの定番曲で、C&Rへの参加はマスト。またアルバム・タイトルにもなっている歌詞の部分(ディス イズ センピターナル)も大声で叫びましょう。ちなみに“Sempiternal”は古代英語でeverlasting(永遠に続くもの)という意味。また、曲のタイトルは「メタルギアソリッド1」の舞台から引用。

赤字がコールするところ
Can you tell from the look in our eyes?
(We’re going nowhere)
We live our lives like we’re ready to die
(We’re going nowhere)
Can you tell from the look in our eyes?
(We’re going nowhere)
We live our lives like we’re ready to die
(We’re going nowhere)
↑2回目以降、3番目の We’re going nowhere は Over and over again

赤字がコールするところ
This is sempiternal
Will we ever see the end?
This is sempiternal
Over and over, again and again

 

 

7. Happy Song

アルバム『That’s the Spirit』収録曲。冒頭(中盤&終盤にもある)のコールは必須。2度目で‟レッツゴー!”。ヘビーなサウンドなので気持ちよくヘドバンしつつ、途中にシンガロングを挟みます。英歌詞を続けて歌うのが難しい場合は‟sing along”‟Happy Song”だけでも可。気を付けたいのは、タイトルの‟Happy Song”は2回目のとき。最初は‟sing along”です。

コール
S-P-I-R-I-T, spirit
Let’s hear it

S-P-I-R-I-T, spirit
Let’s hear it, let’s go!

赤字の部分を歌う
I’ve had enough
There’s a voice in my head says I’m better off dead
But if I sing along a little fuckin’ louder
To a happy song, I’ll be alright
↑ブリッジの後は sing along a little fuckin’ louder ではなく、
sing along a little goddamn louder

 

 

8. Mother Tongue

※サマソニ東京

最新アルバム『amo』収録曲。同曲はオリヴァーが離婚後に、現在の奥さんのAlissaと出会ってからの心境を綴った曲で、‟I love you”ではなく、Alissaの第1言語(ポルトガル)の“fala amo”と言ってほしいと歌っています。合唱ポイントはサビですが、アルバム・タイトルにもなっている‟amo”と、インを踏んでいる次の‟I’ll know”の個所(赤字)だけでもOKでしょう。ブリッジでのシンガロング(Oh-oh, oh-oh)は大きな声で。

サビ
So don’t say you love me; fala, “amo”
Just let your heart speak up, and I’ll know
No amount of words could ever find a way to make sense of this
So I wanna hear your mother tongue
So don’t say you love me; fala, “amo”
Just let your heart speak up, and I’ll know
No amount of words could ever find a way to make sense of this
So I wanna hear your mother tongue

ブリッジ
Oh-oh, oh-oh
Oh-oh, oh-oh-oh

 

 

9. Can You Feel My Heart

アルバム『Sempiternal』収録曲。エモーショナルな楽曲なので気持ちよくノれます。僕はこの曲は好きなので最初からほぼ全部歌っていますが、冒頭から英歌詞がわからない場合は、何回か出てくる‟can you feel my heart?”(赤字)の個所だけ覚えておくといいかもしれません。余裕があればブリッジも。

Can you hear the silence?
Can you see the dark?
Can you fix the broken?
Can you feel, can you feel my heart?

ブリッジ
I’m scared to get close and I hate being alone
I long for that feeling to not feel at all
The higher I get, the lower I’ll sink
I can’t drown my demons, they know how to swim

 

 

10. Sugar honey Ice & Tea

※サマソニ東京

最新アルバム『amo』収録曲。「Sugar honey Ice & Tea」の頭文字だけを取ると”S.H.I.T.”。(自分も含めて)僕らはほんと愚かだよなと歌っています。合唱はヴァースからサビにかけてですが、英歌詞を覚えるのが難しければ、サビのコーラス‟Sugar, honey, ice, and tea”だけでも歌うと気持ちいいです。

‘Cause it’s got my head running 24/7(トゥウェンティフォー・セブン)
I don’t know if I can figure it out
It’s all messed up, only one thing I know for sure

We’re so full of

Sugar, honey, ice, and tea
Sugar, honey, ice, and tea
(Yeah, everybody’s full of)
Sugar, honey, ice, and tea
Sugar, honey, ice, and tea

 

 

11. Nihilist Blues

※モスクワ

最新アルバム『amo』収録曲。カナダの女性ソロアーティスト・グライムスをフィーチャーしたエレクトロ・ポップ・ロック。この曲はBMTHの楽曲群の中でもかなり異端で、実験的要素の強いナンバーです。基本的に体を揺らして踊るのがメインとなりますが、一緒に歌うとなると、しいて言えばサビの部分でしょうか。

サビ
Paradise is in my soul
And I’m terrified I can’t get out
I’m lost in a labyrinth
We are lost in a labyrinth
Please don’t follow

 

 

12. Activist

アルバム『Sempiternal』収録曲。オリヴァーのグロウルとシャウトが炸裂するヘビーな楽曲で、ライブでは激しいモッシュが発生します。英歌詞を覚えられれば全部歌っても良いとは思いますが、この曲では、オリヴァーとのC&Rのような展開で一斉にシャウト(赤字)をするのが一般的です。‟every single thing I’m fed‟Question everything”も合唱ポイント。

コーラス
Middle fingers up if you don’t give a fuck
I’m sick to death of swallowing every single thing I’m fed
Middle fingers up if you don’t give a fuck
You think you’re changing anything? Question everything

プレーコーラス
United we’ll fail, divided we’ll fall
We’re fucked, but you’re making it worse
United we’ll fail, divided we’ll fall
Give up ’cause you’re making it so much worse

 

 

13. Follow You

※サマソニ東京

アルバム『That’s the Spirit』収録曲。切ないメロディが印象的な、狂気的なラブソングです。合唱ポイントはサビ。英語詞が覚えられない場合は‟hell”‟spell”の箇所(赤字)だけ歌うのも可。

サビ
So you can drag me through hell
If it meant I could hold your hand
I will follow you ’cause I’m under your spell
And you can throw me to the flames
I will follow you, I will follow you

 

 

en1. Drown

アルバム『That’s the Spirit』収録曲。ライブで盛り上がること間違いなしのキラー・チューン。合唱ポイントはサビだけど、英歌詞を覚えられるなら、オリヴァーと一緒にヴァースから歌うのもあり。ブリッジで‟Cause you know that I can’t do this on my own”が3回続いた後に、‟You know that I can’t do this on my own”と合唱するのも定番。

サビ
Who will fix me now?
Dive in when I’m down?
Save me from myself
Don’t let me drown
Who will make me fight?
Drag me out alive?
Save me from myself
Don’t let me drown

ヴァース1
One more moment of this silence
The loneliness is haunting me
And the weight of the world’s getting harder to hold up

ヴァース2
I’m not OK and it’s not all right
Won’t you drag the lake and bring me home again

ブリッジ
You know that I can’t do this on my own

 

 

en2. Throne

※サマソニ東京

アルバム『That’s the Spirit』収録曲にしてBMTHの代表曲。ジャンプしながら冒頭の‟Throne”を大合唱するのが定番。サビではオリヴァーとC&Rのように展開し、最後にまた‟Throne”の大合唱。英歌詞を覚えられる人は全部歌うのもあり。

サビ(赤字が歌う部分)
So you can throw me to the wolves
Tomorrow I will come back
Leader of the whole pack
Beat me black and blue
Every wound will shape me
Every scar will build my throne

 

 

「Throne」はライブでよくクロージングで使われ、今回の単独ライブでも最後に披露されました。全15曲を披露した今宵のライブ。熱くて濃い内容だったので、ライブが終了しても館内はしばらくの間熱気に包まれたままでした。

 

 

 

最後に

BMTHの曲はキャッチーなものが多く、シンガロングやC&Rが多めにあるので、ライブでより楽しむためには、前述の合唱ポイントを最低限押さえておくと良いと思います。それだけでライブにのめり込めますし、なにより感動を共有できます。また、近年のライブでは主に下記の3つのアルバムの曲を中心に披露していますので、これからBMTHの曲をいろいろ聴いてみたいという方はこの3つのアルバムから入るのがおススメです。デスコアやメタルコアもイけるという方は初期のアルバム(1st~3rd)も聴いてみてはいかがでしょう。

 

 

4thアルバム『センピターナル』

01. Can You Feel My Heart
02. The House Of Wolves
03. Empire (Let Them Sing)
04. Sleepwalking
05. Go To Hell, For Heavens Sake
06. Shadow Moses
07. And the Snakes Start to Sing
08. Seen It All Before
09. Antivist
10. Crooked Young
11. Hospital For Souls
12. Join The Club
13. Deathbeds
14. Sleepwalking (Instrumental)

 

 

5thアルバム『ザッツ・ザ・スピリット』

01. Doomed
02. Happy Song
03. Throne
04. True Friends
05. Follow You
06. What You Need
07. Avalanche
08. Run
09. Drown
10. Blasphemy
11. Oh No

 

 

6thアルバム『アモ』

01. アイ・アポロジャイズ・イフ・ユー・フィール・サムシング
02. マントラ
03. ニヒリスト・ブルース feat. グライムス
04. イン・ザ・ダーク
05. ワンダフル・ライフ feat. ダニ・フィルス
06. アウチ
07. メディスン
08. シュガー・ハニー・アイス & ティー
09. ホワイ・ユー・ガッタ・キック・ミー・ホエン・アイム・ダウン?
10. フレッシュ・ブルーゼズ
11. マザー・タング
12. ヘヴィー・メタル feat. ラゼール
13. アイ・ドント・ノウ・ホワット・トゥ・セイ

 

 

プロフィール

イギリス/シェフィールド出身。オリヴァー・サイクス(Vo)、リー・マリア(G)、ジョーダン・フィッシュ(Key)、マット・キーン(B)、マット・ニコルス(Dr)からなる5人組。

2004年3月に結成/活動をスタート。

2005年、デビュー・ミニ・アルバム『ディス・イズ・ホワット・ジ・エッジ・オブ・ユア・シート・ワズ・メイド・フォー』をリリースし、Kerrang! Awardsで「Best British Newcomer」を獲得。2006年10月にフル・アルバム『カウント・ユア・ブレッシングス』をリリース。LostprophetsやCradle of Filthを手がけてきたトップ・プロデューサー: Dan Spriggを迎えた同作によって、その後このジャンルにおける基準を指し示した作品と評された。

2008年9月には、セカンド・アルバム『Suicide Season』をリリースし、その直後から 巨大なヘッドライン・ツアーを決行。

2009年1月には日本でも同作をリリースし、同年5月には単独+マキシマムザホルモンとのジョイント・ツアーで初来日。単独公演は即日完売し、8月にはサマーソニックにも初参戦。その後、3rdアルバム『ゼア・イズ・ア・ヘル. ゼア・イズ・ア・ヘヴン』を2010年10月にリリース。発売直前の9月にブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインとの来日公演を完遂。間髪を入れずに3rdアルバム発売の翌年2011年2月に渋谷と心斎橋クアトロにて単独公演を行う。

2013年2月にギターのジョナの突然の脱退発表があったものの新たにキーボーディストとしてジョーダン・フィッシュを迎えた彼らはより多彩なサウンドをもって取り組み、プロデュースには前2作を手がけてきたフレデリック・ノードストームに代わり、Slipknot、Pantera、Dream Theater、Limp Bizkitなどのプロデュースで知られているテリー・デイトを迎えて4thアルバム『センピターナル』をVisible NoiseからRCA UKへと籍を移し、初めてリリースされるメジャー・デビュー・アルバムとして2013年4月にリリース。大胆なサウンド面でのクロス・オーヴァーが功を奏しUKでは最高3位、オーストラリアでは最高1位を獲得、2014年のALTERNATIVE PRESS AWARDSにてBEST ALBUMを受賞するなど自身のキャリアの中で最も大きな商業的成功を収めただけでなく、音楽的に大きな変貌を遂げた挑戦的な内容だったにもかかわらず評論家筋においても大きな称賛を勝ち得たアルバムとなった。

2015年9月には、通算5作目となるアルバム『ザッツ・ザ・スピリット』をリリース。それ以前までのデス・コア/メタル・コア・サウンドから、ダイナミックかつメロディックなハード・ロック・サウンドへと大胆に進化させた会心作として大きな話題を呼び、過去最高の全米・全英チャート初登場2位、世界19ヵ国のiTunesチャートで1位を獲得するなど、キャリア史上最高成績を記録した。ライヴにおいても、これまでのツアーの規模を更に増し、UKではロンドンO2アリーナ2公演をソールドアウト、その他ヨーロッパ、北米でソールドアウト公演を続出させた。

2016年4月には、ロンドンの歴史的劇場<ロイヤル・アルバート・ホール>で、フル・オーケストラを携えたライヴを敢行。同公演の音源を販路限定でリリースし、売り上げを全て<ティーンエイジ・キャンサー・トラスト>というチャリティに寄付した。

2017年10月、リンキン・パークのチェスター・ベニントン追悼公演にオリヴァー・サイクスがゲスト出演し、リンキン・パークの「クローリング」をパフォーマンス。

2018年8月、突如リリースした新曲「マントラ」が第61回グラミー賞<最優秀ロック・ソング>部門にノミネート。

2019年1月、通算6作目のアルバム『アモ』をリリース。キャリア史上初の全英チャート1位を獲得。

 

 

 

 

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください