BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN EXTRA SHOW “DARK NIGHT CARNIVAL” ライブレポート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の現場はここ!
さいたま新都心にある‟ さいたまスーパーアリーナ ”。
駅からすぐだから、あーれどっち? こーれどっち? と迷うこともなかったね。
そして今日はここで、BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN EXTRA SHOW
“DARK NIGHT CARNIVAL” が開催されるんだけど、
海外から2つのバンドを呼んじゃうだから、やっぱりBABYMETALはスゴいよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

ウソだーっ!! おまえはボクの知ってるほえやまじゃなーい! あっちいけー!

 

 

 

い、行ったか?
ふぅー。なんか記憶の欠片、デジャブ、メジャブ、Fade away だったな。
前にもこんな展開あったぞ。
まあいいか。早いとこ忘れよう。気を取り直してレポートの続きを。

 

 

 

 

とその前に、今回の“DARK NIGHT CARNIVAL” では、
“真の姿” でお越しくださいと案内にあったから、ボクもそうするよ。
――エイヤッ!

 

 

 

 

トーーーッ!

 

 

 

 

リアルミミー参上。これがボクの新の姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場の周辺にはコスプレをしている人たちがたくさんいたよ。
神バンドさんやBABYMETALの恰好をしている人たちがたくさんいるから、
あっちこっちきょろきょろして、やだ! ドキドキとまらない! でしたよ。

 

 

 

ちなみに今日は仮装もOKだから、ウケ狙いのコスプレをしている人もいたんだけど、
鴉みたいな変な生き物のコスプレをしている人を見たときには思わず笑っちゃったね。
どこからか「おまえが一番変な生き物のコスプレだろ」という冷淡な声が聞こえてくるけど
構わずに先に進んじゃおう!

 

 

 

せっかくだから、ボクも何人かの方と一緒に写真を撮ってもらったよ。
ただ、なんかもう、めっちゃ満面の笑みを浮かべてるんだけど、
ぜんぶ無表情になっちゃってゴメンなさい。

 

 

 

 

 

では続きを。まずは物販エリア。
見てよ、これ。
揃っているのはぜんぶ “DARK NIGHT CARNIVAL” ならではのグッズなんだ。
希少価値が高いから、かわいくプンプンダダこねないとね!
買って! 買って! 買わないとソン損!

 

 

 

それからしばらくして入場。
どうよ、これ。
さいたまスーパーアリーナはやはりデカい。
ぐるりと見まわすとテンション上がっちゃってなんだか踊りたくなるよね。
まさにリズムは愛のシンコペーション!

 

 

 

 

 

やがて開演となり、銀河帝国の ‟ スターウォーズメタルバンド ”
GALACTIC EMPIRE がライブを開始。
スターウォーズの世界観は圧巻だったね!
知り合いにC-3POそっくりな奴がいるけど、思わずそいつを思い出しちゃったよ。
そしてみんな演奏がバカウマだった!
彼らはきっと 銀河系の 澄んだ星で 生まれました なんだろうな~

 

 

 

続いてはスウェーデンの ‟ ウォーメタルバンド ” SABATON が登場。
こっちもインパクト大だったね!
とにかく爆音で、音圧も凄まじかったよ。
ボクの周りにはいかにもメタラーさんって人が何人かいたんだけど、
何度も ‟ ヨアキーム!” って叫んで、ものすごく喜んでたね。
それからサバトンコールも何度も起こった。
「Swedish Pagans」で場内がひとつになって合唱した瞬間は、
背筋がゾクゾクッと来たよ。

 

ウォーメタルやインストバンドだと、みんな
スキ キライ スキ キライ スキ いろいろあるだろうけど、
個人的には大満足のライブでした。
今回のカーニバルのために来てくれた2組ともGJ!
またいつか来日してちょー!!

 

 

 

 

 

そして午後19時過ぎに、いよいよBABYMETALの出番となった。
The CHOSEN SEVEN の世界観には度肝を抜かれたね。
ステージ上段で7人が横に並ぶと迫力があった。
ヤバッ! という感じで口をポカーンと開けて見入ってしまいましたよ。

 

 

 

 

01. IN THE NAME OF
02. Distortion
03. ギミチョコ!!
04. Elevator girl
05. 紅月-アカツキ-
06. Starlight
07. META!メタ太郎(SABATON、GALACTIC EMPIREとのコラボ)
08. メギツネ
09. KARATE
10. Road of Resistance
11. THE ONE

 

 

ライブがスタートするなり会場はすでに熱気ムンムンムン。
「IN THE NAME OF」の様式美は、
GALACTIC EMPIREやSABATONに一歩も引けをとってないね。
全身黒装束で、いったい君たちは誰なんだっていうね。
多くの人たちが目が離せないといった感じでステージをガン見していたよ。

 

それから「Distortion」、「ギミチョコ!!」と畳み掛けていったよ。
SU-METALの声が天井まで届いてたね!! ボクは驚愕したよ。
日本公演は今日で3度目で、お客さんもこのスタイルに慣れてきたのか、
この2曲での盛り上がり、一体感はすごかった。
SU-METALがいきなり大きなサークルが見たいと煽るし、
MOAMETALはキュートな笑顔を何度も振りまいてたね。
また前2人、後ろ4人の編成のダンスは見応え十分。
他のダンサーさんたちのダンスもさすがの切れ味でした! ドキューン!!

 

続く「Elevator girl」では、5人が息を合ったダンスを披露。
シンクロ具合がハンパねーー!
というか、この振り付けを考えたMIKIKO先生、ハンパねーー!
でもやっぱりそれを完璧に表現できるBABYMETAL、おそろしい! たまらねー!!

 

ライブはその後、「紅月-アカツキ-」へと続いていったんだけど、
場内の熱気はどんどん高まっていったよね。
スタンドはどうだったかはわからないけど、
アリーナは熱量がすごくてなんだかサウナ状態。
そしてSU-METAL……、
貴女(アナタ)が女神(カミ)ですか!
間近で見てたけど、もう鬼気迫る表情から渾身の歌唱まで
なにもかもがすごくて、さいたまの空を真っ赤に染めたよね。
間奏の格闘シーンも激アツでした。6回連続の後ろ回し蹴りハンパねー!

 

そして次は新曲「Starlight」。
SU-METALの歌声が美しすぎる! そして凄すぎる!!
あれは何もかもが美しすぎて泣けるよね。
ウサギなのに何度も鳥肌立っちゃった。
MOAMETALのコーラスもレベルが上がっているようだね。
なんだかこの1曲だけで1つのミュージカルのように素晴らしかったです。
終盤のコーラスは心に沁みましたよ、くー。

 

そしてここできたのが「META!メタ太郎」。
今日のバンド3組のスターウォーズ・パロディのムービーが面白かったね!
メタルが響けばみんなヒーロー、友達なのさ。
それから、途中の ‟オーオー” の大合唱は今日も大きくて感涙ものだったけど、
なんと後半には、GALACTIC EMPIREのダーク・ベイダー卿と
SABATONのヨアキム・ブローデンが友情出演しちゃったからたまんないよね!!
しかもベイダー卿は、用意されたライトセーバーを振り上げるし、
ヨアキムはバズーカを飛ばしながらニコニコして登場するしで最高でした。
MOAMETALとSU-METALを合わせた4人でリフトアップされてからの
大合唱は迫力満点だったし、その光景を眺めてたら泣けてきちゃった。
2組とも本当に日本まで来てくれてありがとDEATH!

 

※BABYMETAL公式ツイッター

 

 

それからライブは「メギツネ」「KARATE」と続いたよ。
定番のラインナップに場内は文字通りお祭り状態さ。
このデカい会場を完全に支配してたね。
さすがの盛り上げ方だと思うよ。
海外ツアーで多くの経験を積んできたことが生かされてるね。

 

そしてライブは「Road of Resistance」「THE ONE」で終わるわけだけど、
終盤の畳みかけは圧巻だったよ。
「紅月-アカツキ-」「Starlight」で感極まっちゃったってのもあるんだろうけど、
それ以降はずっと感涙状態。
泣きながらシンガロングや合唱をしたよね。
「Road of Resistance」の歌詞は力強くてジーンときたし、
「THE ONE」は何もかもが美しくてこれまたジーンときた。
正直なところ、幕張初日でライブを観たときには、
まだ日数が経っていないこともあって、少しばかり感傷的な気分を味わったけど、
今夜の圧巻のステージを近くで観て、なんだかすべてが吹っ切れました。
SU-METALもMOAMETALもすごく楽しそうにライブをやってるし、
他のダンサーの方たちもみんな楽しそうで、それがこっちに伝播しちゃって、
心底楽しいと思えたライブでした。見事なパフォーマンスでした。
これまでと違う新生BABYMETALのライブを体感しないなんて、ダメ、ゼッタイ!

 

ライブが終わると周りの観客たちは拍手喝采の大歓声。
十分に愉しんだんだろうね。みんな顔を輝かせてる!
この日のセットリストは11曲で、時間にしてたったの1時間強だったけど、
内容が濃かったからまったく短いと感じることなんてなかった。
圧倒的な歌唱力とパフォーマンスで、ボクを含めた観客たちを陶酔させた。
もちろんバックを務める神バンドさんたちの演奏力も忘れちゃならない。
今回も何度も痺れた!
とにかく今日はもうライブショーがすごすぎて、終始恍惚でした。
今日観たものはなんて言うんだろう。
簡単に言うと、メタルミュージカル風なライブエンターテインメントショーかな。
って、ネーミング長いわっ!
とにかくパワーアップした新生BABYMETALのライブは
‟ 最高!!” の一言に尽きるんDEATH!

 

 

 

 

※BABYMETAL公式ツイッター

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。